今年初めての議会報告会

0

     昼の部の議会報告会の様子(しゃきっとプラザ)

     8月11日(火)、第18次美幌町議会はじめての議会報告会を昼の部と
    夜の部の2回、開催しました。
    今回は、議会報告会を8月に、町民との意見交換会を10月にとして従来
    と違った開催方式として行いました。
    午後2時開催の昼の部では、16名の町民のみなさんのご参加をいただき
    議長から3月定例議会、5月臨時議会、6月定例議会の主な議決案件を中
    心にご報告。私から議会の政策提言「子育て支援の取り組み、地域包括ケア
    の取り組み強化」に関する代表質問とその経過報告を行いました。

    夜の部の議会報告会の様子(マナビティセンター)

    夜の部は午後6時30分からマナビティセンターに会場を移して開催、16名
    のご参加をいただきました。
    2会場とも、意見交換会ではありませんでしたが、町が計画中のパークゴル
    フ場新設計画について同意できないとの意見が共通して出されたのが特徴で
    した。
    議員報酬について、議会が積極的に活動するなら「引下げなくても結構」、
    議会の政策提言は「素晴らしいこと」などの意見も出されました。
    その一方で、介護施設を強く希望する意見、人口減、空き家対策取り組みを
    など、今後の取り組み強化を求める意見も出されました。
    昼、夜ともに、予定時間より早く終了しましたが、今回は議会活動の報告が
    主体ということで、参加者には不消化の思いを残したかなと感じました。
    津別町議会から3名の議員が報告会の状況視察ということでご参加いただき
    ました。


     

    熱中症の救急搬送増える

    0

       熱中症で出番が増える救急車(美幌救急)

      今年は全国的に猛暑で、熱中症が多発しています。
      美幌津別広域消防組合では8月9日現在、熱中症で救急車搬送は13件
      で昨年同期8件に対して1.6倍にも増えています。
      昨日のデュアスロン大会でも選手一人が熱中症で救急搬送されました。
      まだまだ暑さが続きますので、くれぐれも熱中症にご注意ください。

      100Kmデュアスロン大会

      0

        一般の部ランのスタート時点の光景(柏が丘運動公園)

        第29回北海道美幌100Kmデュアスロン大会が9日、好天の美幌で
        開催され、午前7時スタートの一般の部(男子233人、女子18名)
        をはじめ、2部90Km(男女45名)チーム90Km(7組)ジュニア7Km
        (男女51名)が日ごろ鍛えた体力を限りに頑張りました。
        スタート時点は20度ほどの気温でしたが次第に高まり最高時27度程度まで
        と厳しい条件下での競技となりました。


        ジュニアの部のバイクの状況(柏が丘運動公園)

        美幌町は冬季のクロスカントリースキーが盛んですが、ジュニアの
        デュアスロン7Kmにはそのメンバーの多くが参加して覇を競います。
        前後各1KMのラン、5Kmバイク計7Kmの結果は私が応援するARさん
        が男子に敗れて2位となりました。クロカンとデュアスロンとは違いが
        あるもとはいえ、将来のオリンピック出場を夢に頑張るジュニア達には
        美幌に住む者として全力で応援したいと思っています。
        同時に、毎回の大会を裏方で無事な運営をと支える大勢のボランティア
        スタッフの皆さんには本当に頭が下がります。今回もありがとうござい
        ました。
        を捧げます。

        きて、みて、きいて祭り

        0

           好評だった山本裕美子歌謡ショー(特設ステージで)

          北1丁目商店街恒例の「きて、みて、きいて祭り」が25日(土)開催
          され、北1丁目東1条通りが歩行者天国となって、地元野菜販売、フリ
          ーマーケット、北1軒屋台などでにぎわいました。
          夕方突然の降雨もありあらはらさせられましたが、全体的には天気に恵
          まれ、毎年出演の津別町出身・山本裕美子さんの歌謡ショーには惜しみ
          ない拍手が送られていました。
          美幌町は、新町、仲町など各商店街が例年「まつり」を開催し、地域振
          興に知恵を絞っています。
          北1丁目商店街も、今年も頑張って祭りを盛り上げていました。

          TPPオホーツク緊急集会

          0

             北見芸術文化ホールで緊急集会

            7月25日(土)午後、「TPP閣僚会合を前に国会決議の遵守を求める
            オホーツク緊急集会」が開催され、オホーツク管内から450人が結集
            しました。
            この集会は、TPP問題を考えるオホーツク管内関係団体連絡会議(オホ
            ーツク圏活性化期成会など35団体)が主催して開かれたもので、24日か
            ら参加12か国による首席交渉官会合、28日〜31日に開かれる閣僚会合で
            「実質的に決着も」との緊迫した情勢を受けて開かれたものです。
            集会決議
            集会では「TPP交渉が大詰めを迎える中、公式な発表がないにもかかわら
            ず政府が米国産米の輸入拡大や牛肉・豚肉の関税率の引き下げを検討して
            いることなどが繰り返し報じられていることに対し、農業者をはじめ多く
            の関係者から不安の肥があがっている。さらにTPPが金融、医療、公共事
            業など地域経済や国民生活に不利益を及ぼすとの懸念は、依然として払拭
            去れておらず、十分な情報開示や国民的な議論に至ってはいない
            」として
            政府に対し「農林水産業の聖域確保、国民に対する情報の開示、食の安全・
            安心の堅持、国の主権を損なうようなISD条項に合致しないことを求めた
            衆参農林水産委員会決議を守り抜くよう
            」との決議を行いました。
             

            雑草アスターズ

            0

               雑草に覆われた花壇

              24日朝6時から、駅前花壇の雑草取りをフラワーマスターで
              行いました。前日夜、急きょ決まっての実行。
              駅前花壇は5月末の花苗定植直後から5回の雑草取りを行いま
              すが7月中旬担当のチームが忘れて、このままでは8月上旬担
              当のチームに迷惑をかけると、急きょフラワーマスターが雑
              草取りを担当したもの。作業前はツメキリ草がびっしり繁茂。


               雑草バスターズ奮闘

              8人がかりで抜き取りに奮闘。


              雑草退治後の花壇

              1時間後、見違えるほど花壇がよみがえりました。
              その後、30分かけてマリーゴールドの花柄をとって作業を終了。
              JR美幌駅は午前7時過ぎの北見行が高校生で最もにぎわいます。
              今シーズンはあと3回、雑草バスターズの奮闘で、主役の花々が
              咲き競うこととなります。



               

              「アベ政治を許さない」ポスター掲示しました

              0

                 自宅の門柱にポスターを掲示しました。

                俳人の金子兜太(とうた)さんが書いた「アベ政治をゆるさない」の
                ポスターを7月18日午後1時に全国一斉に掲げようと、鳥越俊太郎、澤地
                久枝さんらの呼びかけを受けて、私も自宅の門柱に掲示しました。
                今は便利な時代で、近所のコンビニで拡大印刷し、A2版の大きさのポス
                ターにして掲示しました。
                お隣の大空町・東藻琴地域では共産党の呼びかけで旧村の中心街で16人が
                参加してポスターを掲示したとの事。
                国民の中に、秘密保護法、原発再稼働、沖縄の辺野古新基地建設、TPP協定、
                新国立競技場など、今回の戦争法案を含めて「国民の意思と正反対に暴走」
                する政治を「許さない!」との声が広がっています。
                国民の声は微力だけど『無力ではない」ことを、今回のポスター一斉掲示の
                提案はタイムリーでした。
                国会では自民党が盤石に見えますが、小選挙区制度で得た虚構の多数。
                有権者の17%の支持で得た「本当は裸の王様」。主権者国民が微力を結集
                し「アベ政治を許さない」意思表示を続けましょう。
                 

                川上弁護士講師で戦争法学習会

                0

                  川上麻里江弁護士(29歳)

                  衆議院特別委員会(15日)、衆議院本会議(16日)と相次いで強行
                  採決された戦争法案は、今後は参議院で審議されます。
                  陸上自衛隊美幌駐屯地を持つ美幌町で戦争法制に反対する美幌連絡会
                  (準備会)がかねて計画していた「戦争法ストップ学習会」が20日午
                  後、青稲地区ふれあい会館で開催され、講師の川上麻里江弁護士のお話
                  と参加者の意見交換が活発に行われました。
                  川上麻里江弁護士は29歳。札幌弁護士会所属で「明日の自由を守る若手
                  弁護士の会」(略称あすわか)の中心メンバーで「怒れる女子会」のイ
                  ベントや「憲法カフェ」など講師として精力的に活動されています。


                   学習会の様子(パワーポイントで講演中の川上弁護士)

                  パワーポイントを使って、「戦争法案の内容と、あきらめないための処方箋」
                  のレジメで講義。「なぜ戦争法案」「法案の特徴」を自民党の憲法草案を引用
                  して説明。また憲法は時の権力者を縛る=立憲主義を紙芝居を使って分かりや
                  すく説明されました。
                  衆議院で強行採決され、参議院でも60日ルールで「結局はもう決まってしまっ
                  た」とNHKなどマスコミが報道する中、法案は自然成立はなく必ず再度参議院
                  または衆議院での採決がある、あきらめずに「明日から家族や隣近所の人に話
                  す」「人込みで大きな声で話してみる」「戦争法の危険を伝える本をカバーを
                  付けずに読んでみる」など、何をすればより知ってもらえるか、考えていただ
                  きたいのですとお話しされました。
                  会場には地元以外に東藻琴や津別町などからも参加され、戦争法阻止に向けて
                  の活動も紹介されました。



                   

                  戦争法案ストップ!街頭から訴え

                  0

                     「止めよう戦争立法」横断幕で 弁士は菅原誠氏

                    前日の16日に衆議院本会議場で強行採決された「安全保障法」を国民の
                    世論と運動で廃案にしようと、17日午前10時から町内3か所で街頭から
                    リレートークしました。憲法9条に明確に違反し、今後は陸上自衛隊美幌
                    駐屯地の若い自衛官が地球の裏側の戦場に派兵され、武器や弾薬、燃料・
                    食料の補給活動に従事させられる事態に、基地を持つ町美幌だからこそ
                    法案の阻止をと、訴えました。

                    「アベ政治を許さない」プラカードを持って

                    私など5人が交代でマイクから訴えましたが、アークス、CYTI、生協の
                    町内3か所では、買い物帰りの方が足を止めて聞いてくれ、近寄って手
                    を振ってくれる方、行き交う車の中から手を振り、頭を下げるなどの共
                    感を示す方々が多数みられました。
                    昨年5月以来毎月の街頭宣伝が定着し、町民に受け入れられてきましたが
                    「憲法を平然と破って日本の若者を海外の戦場に送る」安保法制化=戦争
                    法案の成立阻止は、主権者国民の今後の運動にかかっています。
                    明後日の20日、町内の青稲会館(稲美)で午後1時半から戦争法案の危
                    険性を学ぶ学習会を計画。さらに町内の反対運動を拡大したいと、多くの
                    方々に参加を呼びかけました。
                     

                    パークゴルフ場視察

                    0

                      河川敷利用パークゴルフ場(屋根にフック付の事務所、トイレ)

                       うっそうとした樹木もあるパークゴルフ場の景観

                      先週、札幌の全道町村議員研修の帰路、美幌町議会全員で3か所の
                      パークゴルフ場を視察し、その1か所として深川市の石狩川河川敷利用
                      パークゴルフ場を視察しました。
                      管理事務所や水洗トイレは、洪水時に搬出可能なフックが屋根に取り付
                      けられ、芝管理の水も、石狩川からの取水がOKとのこと。公認コースの
                      認証も取得されており、美幌町の河川敷利用パークゴルフ場にも大いに
                      参考になりました。
                      大きな樹木(自然木)もそこかしこに茂り、さすがは石狩川だとうらや
                      ましく思いました。

                       

                      << | 2/37 | >>

                      大江道男ブログ

                      日本共産党美幌町議

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      プロフィール

                      Selected entries

                      カテゴリ

                      Archives

                      最近のコメント

                      大江道男ホットライン

                      大江道男ホットライン

                      リンク

                      mobile

                      qrcode

                      Search

                      Others

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM