第7回アシリチェップノミ(新しいサケ迎え儀式)

0




    10月12日、ピポロアイヌ文化協会(阿部ソノ子会長)主催によるアシリ
    チェップノミ(新しいサケを迎える儀式)が美幌町野崎地先の網走川河畔で
    行われました。例年10月に開催され、今年で七回目。
    築かれた囲炉裏の中央には赤々とおきた火の神、次いで二匹のサケ、その奥
    にシントコ(祭具)正面に阿寒の神やクマの神、太陽の神など柳を削った
    12本のイナウ(ぬさ)がまつられています。
    山下祭司、成田副祭司のもとで、新しいサケを迎える感謝の儀式が、アイヌ
    独特のたくさんの神々へのお礼を込めて進められました。
    私はコタンクルカムイのイナウにお神酒をささげる役目をいただきました。
    2本のイナウが川に流されアイヌの踊りが奉納されましたが、厳かな中にも
    成田副祭司の詳しい解説のもとで解りやすく楽しく進められました。
    私は参加するたびに美幌町の先住民族アイヌの人々が川や山、フクロウや
    キツネなど自然界のあらゆるものを神として大切にする文化に驚かされ、
    多くの方々に美幌のアシリチェップノミを知ってほしいと思います。





     

    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    大江道男ブログ

    日本共産党美幌町議

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    プロフィール

    Selected entries

    カテゴリ

    Archives

    最近のコメント

    大江道男ホットライン

    大江道男ホットライン

    リンク

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM