SLオホーツク号走る

0

    7月2日〜3日、JR北海道の臨時列車「SLオホーツク号」(C11 207)が36年ぶりに運行されました。北見ー斜里(90km)を一日一往復、各駅停車でオホーツクの初夏を満喫していただこうと企画されたもので、乗車キップは数分で売り切れたとの事。初日の2日、256人の乗客を乗せた四両編成のSLが美幌駅に到着すると、親子づれの町民が早速SLをバックに記念写真の撮影で構内が大混雑していました。神奈川から30人の団体で参加した男性は「各駅停車でゆっくりSLの旅が出来て満足です」と語っていました。36年ぶりのSL運行ということで、写真撮影の好スポットはもとより、各踏切毎にSLの勇姿を一目見ようと、カメラを構えていました。

    7月2日、SL到着時の美幌駅構内


    7月3日、美幌町新町の踏み切り通過状況


    コメント
    昭和60年ごろの美幌駅ならタンク列車がいっぱいあって美幌駅構内も実に活気がありました、美幌でSLを降り立ってあの頃の美幌駅の光景が広がってて尚且つ阿寒バスの日野RCが停まっていればもっといい味だったかも知れないですね。今は活気が無くなってしまった美幌駅もやはりSLが来るとあの時の美幌駅の光景が似合う気がします。自分は昭和55年生まれで走ってるSLを知らない世代ですが、網走ー美幌間の景色にはSLはよく似合うなぁ~と思います、網走湖の辺りとか。
    • てつ
    • 2015/01/23 6:33 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    大江道男ブログ

    日本共産党美幌町議

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    プロフィール

    Selected entries

    カテゴリ

    Archives

    最近のコメント

    大江道男ホットライン

    大江道男ホットライン

    リンク

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM